Top Page   スポンサー広告   「スポンサーサイト」

▼ スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Top Page   Diary   「機雷特訓の日々」

▼ 機雷特訓の日々

今日もジェノヴァ周辺で機雷特訓をしてきました。
フクさんにピザ200枚を売ってもらったものの、それも一日でほぼ消費しちゃいました^^;

ところでジェノヴァの「大船団現る」、チュニスの「弾薬輸送船襲撃計画」や「士官からの依頼」といった100kクラスのクエは今まではソロでは受けなかったんです。消耗が激しかったもんで^^;
ただ、機雷のランクが上がるにつれダメージが大きくなり、熟練値の入る機会がどうしても減ってくるわけで、試しにこれらのクエをやってみることにしました。



一番キツかったのはガレオンが4隻~6隻でてくる「士官からの依頼」ですね。砲術系スキルあげのためにミニオン10門を使ってるので機雷で倒すか白兵でしか倒せない。
最初にやったときは持っていった砲弾150個のほとんどを使って、ようやっとって感じでした。慣れてくると機雷の扱い方のコツを掴んできたこともあり50個程度で済むように。それでもまだ多いですけどね^^;
耐久が高いということもあって機雷の練習にはいい相手かもしれないです。マラガ南東とちょっとだけ遠いのが難ではありますが。

機雷のダメージが上がってくるともうひとつ問題が…。
旗艦をいきなし倒しちゃうことがあるんです。
こちらも艦隊を組んでいて機雷使いが倒しちゃったってことはままあることですし、npcの動きもいろんな人に吊られて複雑になりますから仕方ないといえばそーなんですよね。(いずれは艦隊でさえも狙った相手に機雷を当てられるようにはなりたいものですが)
ただ、少なくともソロでやってるときくらいは、狙った相手に機雷を踏ませるようにならないと一端の機雷使いとは云えないかなーなんて。

舵取りのタイミングがすべてなんです。
npcは自分の進行方向とは反対に行こうとするのは前に話したとおりで、要は猛獣使いかイルカのショーよろしく全体命令をしつつ群れの中の一頭だけを巧く導いてやるって感じです。
遠い間合いでは時間的余裕もありますから失敗したと思えば、相手を機雷から遠ざけるように動いて仕切りなおせばいいんです。
難しいのは至近距離でのメリーゴーランド。
狭い回転半径のなかで、狙った獲物に踏ませるようにするのはなかなか大変です。下手をすると自分も機雷の爆発に巻き込まれますし^^;

無論、ミニオンなんて使わずにまともな艦砲を使ってがしがしと耐久を削るなり、積極的に白兵に持ち込んでしまうなりすればもっと楽に倒すことはできます。
が、それでは特訓にならない。
あくまで機雷をメインにしつつ、ことのついでに砲撃系・白兵系スキルあげをするというのが今回の特訓目標。
それにミニオンを使うのにはもう一つ理由があるんです。
舵取り、機雷の設置、食料の摂取、状態異常回復、スキルの選択、そこにミニオンでの撃ち分けが加わることでものすごく忙しい戦闘になるんですね。しかも乗ってるお船は鈍い商ガレオン。
こういう環境での戦闘に慣れておけば、実際にpkに襲われたときなどにより効率的な動きができるようになるのではないか、と。
もちろん、あくまでnpc相手の特訓ですので実際ではこちらの意図通りにはいかないことも多々あるでしょう。相手も一人とは限りません。ただ、少なくとも実戦でのあたふた度合は軽減するでしょうし、相手を見るということは覚えられるんではないかと思いまして…。

機雷の成長度合に反して難易度はどんどん高くなるわけで、なかなかわたし自身の技術向上が追いついてないというのが現実だったりもするんですけどね^^;
けど、思惑通りに相手を機雷に導き修理の間すら与えず撃沈したり、敵艦隊のすべてをきれーに倒しきったりできると楽しいですよ^^
スポンサーサイト

◇この記事へのコメント

▼コメントを投稿する
(必須)
(必須)
URL:
Comment:
Pass: (必須)
  管理者にだけ表示を許可する 

◇トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。