Top Page   スポンサー広告   「スポンサーサイト」

▼ スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Top Page   Diary   「商会集会の呼び掛け」

▼ 商会集会の呼び掛け

何気にEQ2関連のlinkが増えてます^^;
ひとまず、公式二つと[guide]にあるサイトを読めば、大体EQ2がどんなゲームなのかってことが判るかと思います。

「4gamer.netノーラスアカデミー」は職業などについて基本的なことを学べます。

「impress ノーラス“見・遊・触・楽”記」はプレイリポートなんで、見たくない人は飛ばしてもいいかな。ためになることももちろん書いてあるんで、あとで読んでもいいですし。

その他の三つも導入篇と基本知識篇としてお役に立つかと思います。

また、[blog]下の「センスが無い!(EQ2自己満足日記)」では、より突っ込んだ戦術論が記されています。



――鬼さんとちこっと今回のことをお話ししてみました。
出張だそうで来週以降に集会を開くことになりそうです。

昨日も書いたように、わたし自身のスタンスは基本的には保留です。
とはいいつつも、正直ジレンマはあるんですよね。
はっきりと残ると云えないのはモチベーションが下がっているからでもありますし、dolのゲームとしての魅力が薄らいでるのも事実です。EQ2などを持ち出してみたのもその証左。

今回の修正の如何に関らず、わたしにとっては人の繋がりがdolを続けている理由です。
結果、引退する人が多数でるようであれば、続ける理由も少なくなっていくんです。
しかしながら、去られていく人も大事ではある一方で、残る選択をされる方のことも同じく大切なんですね。
せっかく建てた商館のことだってあります。
仮にEQ2へ移住する人がある程度いるようであれば、いいだしっぺでもありますから、わたしも同行するつもりでいます。
と同時に商館の維持条件が保てなくなり、人数集めをする必要がでてきた場合は、dolに留まってしばらくはかけもちをする覚悟もあります。望まれればであればですが…。
そういったあたりをひっくるめての保留なんですね。

集会の場は、おそらく個々の意思確認と残る方たちへのケア、そしてEQ2などへの移住者の確認の場となるかと思います。
あくまでその場で突然命題を突きつけられるといったようなことになるのは避けたい
具体的な期日はまだ決まっていませんが、すこしの間ではあるものの考える時間はあるかと思います。
できれば、そのあたりのことを各々で考えておいてくださいまし。m(__)m
スポンサーサイト

◇この記事へのコメント

▼コメントを投稿する
(必須)
(必須)
URL:
Comment:
Pass: (必須)
  管理者にだけ表示を許可する 

◇トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。