Top Page   スポンサー広告   「スポンサーサイト」

▼ スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Top Page   Diary   「スピリットポウ サガ発売日決定」

▼ スピリットポウ サガ発売日決定

EQ2の拡張パックである「スピリットポゥ サガ」の発売日時が決定しました。
10/20のam10:00~ダウンロードのみの販売税込み\945です。
具体的な購入方法は、EQ2のランチャーを起動すると購入ボタンが追加されるようです。
詳しくは特設サイトをご覧ください。
4gamer.netのEQ2関連ニュースにも記事があります。

それから、「ノーラス“見・遊・触・楽”記」第9回が掲載、linkに追加しておきました。
今回の内容は先日導入された大規模パッチLU#13についてのレビューです。



一昨日メテさんとモラさんとでパーティーを組んだときは探索がてらだったんで、まともにクエに挑むという形ではありませんでした。それでも広いアントニカの地図は、未だその半分近くが真っ暗な未踏表示のまま。
危なくて近づけないとこはあるでしょうが、今日の目的は一人でアントニカの地理やmob分布を把握しつつ、溜りに溜まったクエを消化していくことです。
しかし、ここでも片付ける一方でどんどんクエが増えて行くという展開。さすが2000以上のクエがあると云われるだけのことはありますね。

051014-1.jpgそんな最中で受けたのが、このクエ。
謎解きをしながら、三ヶ所の地点を三日でまわって来いという条件までついています。
時間制限のあるクエは初めてですねぇ。

詳しい過程はここでは敢えて書きませんが、なかなかに難しかったです。戦闘こそ無いものの、Lv16のわたしがうろちょろしていいとこではない場所を探索させられしてヒヤヒヤものでした^^;

051014-2.jpg051014-3.jpg

なんとか制限時間で達成すると貰える報酬がこのアビリティ。
EQ2ではコール・オブ・ケイノス(フリーポートの住人なら多分コール・オブ・フリーポート)という街への帰還スキルが全員に与えられており、帰還するポイントは自分の種族の村になっています。
ただ、ケイノスはとっても広い街です。マリナーズベルなどで移動はしやすいとはいっても、ある程度の時間はかかってしまいます。どうせならポストの前がいいとか、あすこの鍛冶屋や道具屋がいい、引っ越してしまって違う村に家があるといった場面も出てくるでしょう。
このバインド・リコールポイントは、その帰還ポイントを任意で変更することができるんですね。

051014-4.jpgケイノスの街の好きな場所で、むにょむょむょっとバインド・リコールポイントを唱えます。

051014-5.jpgそしたら、街の外へ出て、コール・オブ・ケイノスを詠唱してみます。
アブラカタブラ…ごにょごにょごょ。

051014-6.jpgすると、ただいま~っと♪
ちゃぁ~んと先程設定したポイントへ帰還することができます^^v

かなり便利になるこのスキル。
受けられる場所はアントニカの桟橋すぐ上の灯台の近くにいる白いローブを着たEthurienに話しかけてみるとよいでしょう。
わたしが最初に訪れたときは受けられなかったので、多分何かトリガーがあるとは思います。ケイノスやアントニカの簡単なクエをある程度消化していることか、Lv16あたりが条件ってことなのかもしれませんね。
スポンサーサイト

◇この記事へのコメント

▼コメントを投稿する
(必須)
(必須)
URL:
Comment:
Pass: (必須)
  管理者にだけ表示を許可する 

◇トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。