Top Page   スポンサー広告   「スポンサーサイト」

▼ スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Top Page   Diary   「SpS潜入す」

▼ SpS潜入す

プロフィールをdolからEQ2のものへと変更しました。
ssが見辛いですけど、クリックすればおっきくなるよーにしましたんで、うちのペット共々よろしくです^^
光源の具合がちょっと悪いので、いちお暫定版ってことでいずれまた折りを見て撮りなおしますね。
また、dolのlinkはそのまま残しておきますね。


4Gamersに12/15発売のDoFの詳細リポートがあがっています。
概ね既知の事柄ばかりですが、ssの数が豊富なのでそれを見ながら今から期待に胸を膨らませて待ちましょう。
つっても、その前に先日発売されたSpSはおろか、アントニカさえもわたしはまだ出たことがないんですけどねw



051025-1.jpg戦闘職のウィサード転職に続き、アーティザンでもセイジになることができました^^v
アーティザンのサブクラスの転職は、ケイノス港にいるDevona Ironforgeさんに話しかけるだけですから、戦闘職に比べたら楽ですね。
けどその効果は大きく、トレード(生産)スキルがグレードアップして、同じ物を造ってもスカラーだったときから比べると半分以下の時間でサクサクっと造れるようになります。

いつもの如くザックさんにプリースト用の初級4スペルをメールした直後にご当人が入られてきて、スペルのお返しにと食べ物と飲み物を頂戴致しました。
戦闘時はもちろん、生産のときにもスキルを使うから、時間あたりの回復量の多い飲食物はとっても助かるんですよね^^
ちなみにザックさんにスペルのプレゼントが多いのは、魔法使い系のスペルと材料が同じでLv上げの過程にできちゃうんですよね。
メテさんやモラさんのスキルアーツのルーンは材料とカテゴリが違うので、こっちが一段落してから取り掛かろうかと思ってます。しばし、お待ちを…^^;

さて、生産をしているとザックさんからお友達からスピリットポゥ(SpS)に誘われたけど、ご一緒しませんかとお誘いがかかってきました。
もちろん、喜んでお供することに。

SpS購入後、/claimコマンドによって入手することができる青いシャードを調べることで、SpSはサンダリングステップ(ST)というアントニカのお隣のエリアに存在することが判ります。
が、わたしはアントニカを出たことすらない><
STへの門前でザックさんのお友達のとガーディアンさんと合流して、一気にSpSの入り口にあるとこまで先導してもらいます。
右も左もわからない土地で、強そうなmobの間をを突っ切って走りぬけてくんですから、正直訳の分かんない。mapを見ても真っ黒な地図に私たちが通ったあとだけ一筋の道が出来ていきます。
はぐれたら、とてもじゃないけど、生きて帰れる自信はありませんw;

051025-2.jpgSpSの前に到着すると、既に待っていたお二人(コンジュラーさんとスワッシュバックラーさんだったかな?)と合流。
メインタンク(MT:盾役)1人+メインヒーラー(MH:回復役)1人+ダメージディーラー(DD:攻撃役)3人というバランスのいい構成の5人パーティーでした。
みなさんLv22のわたしとザックさんよりも5つ6つ高いLvだったので、メンター(師弟制:上の者が下の者にLvをあわせる機能)してもらってLvを揃えてからSpSの「トンネル下層部」とやらに突入。

051025-3.jpgMTのガーディアンさんがこなれているのでしょう。適格に釣ってゆかれますし、とにかくこれまで体験したことないくらいのハイペースでサクサクと進んでいきます。
わたしはというとパーティー戦闘にもあまり慣れてないですし、mobをハネさせないように(過剰な攻撃を与えるとヘイトバランスが変わってこちらを攻撃してくることがある)、パワーを使いすぎないようにってことだけを考えながらついていくだけで必死で、今ここがどこなのか確認してる余裕すらありません。もう一度自分一人で来いと云われても無理ですw

051025-4.jpg<051025-5.jpg

バッタバッタとノール共をなぎ倒し、ダンジョンの奥につくと、岩の上に宝箱を発見。
岩の周りには木箱が置いてあって、それを家の家具を設置する要領で移動し積み重ねることで即席の階段をつくり、岩に登ります。

なるほど、これがパズル要素ということなんですね。
他にも壁を置いてあった樽爆弾を使って爆破したり(戦闘で使えば敵味方問わず無差別ダメージの元ともなる)、捨て置かれた板切れを使って橋にしたりといったこともできました。

宝箱から石のかけらをげっと。
調べると持っていた青いシャードと結合し、さらなる道が開かれます。
ここで一度STへと出て、少し離れたダンジョンへと移動。
そちらがSpSの本丸というわけのようです。
が、この移動がこれまでにない恐怖でした…><;

051025-6.jpgとにかく、またも突っ走る。
いろんなものにかじられながら、ただただ走る。
が、これは…@@;
転職クエのあのエレメンタルに優るとも劣らない大きさの巨大な人。
ジャイアントなり~></
先頭を走られてたガーディアンさんがタゲられ、追いかけ回され、踏みつけられ、瀕死になりながらもその脚だけは止めずに走り続けて、HPゲージがもうだめかってところでようやく振り切って、なんとか到着^^;
わたしなら、まちがいなくちんでますよ。
タゲられてないとはいえ、股の間をくぐりぬけるときの恐怖といったら、もぅ…><;。

051025-7.jpgこちらがトンネルの上層部の入り口。
SpSでは個人やグループのLvに応じてmobのLvも可変する仕組みになっていて、グループの場合は最初に入る人のLvで設定されます。

中に入っていきなり、わたしがジャンプに失敗して橋から転落死するというアクシデント^^;
蘇生もスピリットシャードの回収は無理そうな場所だったので、あきらめて入り口に転生。
そそ、回収できなかったスピリットシャードは当該エリアの入り口を右クリックすることで回収できるんですね。知らなかった^^;

051025-8.jpg051025-9.jpg

ここでもひたすら奥へ奥へと向かいつつサクサク狩り。
後ろに見えてるのがパズル箱や爆弾樽ですね。

051025-10.jpg最奥間近のノールキャンプにあるこの椅子からクエが貰えます。
どうやら、クリアするとこの奥にあるというノールたちの村に直接ワープできるアイテムがゲットできるとのこと。

051025-11.jpg051025-12.jpg

そして、ノール村。
ここのノールたちは世界崩壊後の500年で進化を遂げ、言葉と文化を手にしてトンネルにいるノールたちとは袂を分かち、自分たちの村をここに作ったということのようです。
商人もいれば、闘技場もあって、ソロ・ヒロイック・エピックそれぞれのクエもたくさん受けられるようになっています。

051025-17.jpgってことで、早速パーティーで闘技場に挑んでみました。
闘技場とはそのままで、出てくるmobに最後まで倒していくとご褒美がもらえるというもの。
けっこいいモノが貰えるそーですから、期待も高まります^^

051025-13.jpg051025-14.jpg051025-15.jpg

対戦相手はどれも自分たちより少し上のヒロイック。
一戦毎に休憩が取れるというので、ハネさせないようにしながらも、全力でいきます。
相手も一匹とは限らず、複数でてくることもありますし、強さもまちまち。目玉の親父にぎりぎり勝てたかと思えば、キノコには楽勝だったり――。

051025-16.jpgが、ここで敗退><;
相手のHPがなくなったかと思ったら、その次の瞬間には復活して終わりがない。ついには一人、また一人と倒れていってしまいました。
後で気付いたのは、ちーさなキノコがちょろちょろしてて、それが回復してたんではないかってことw
闘技場は一度出たら、次に入れるまでは二時間待ちになってしまいます。

ってことで、今日はここで解散。

手練れのパーティーさんとご一緒だったので、極一部を除いては怖くはなかったけど、反面あっという間の出来事で何が何だか判らなかったことも多々ありました^^;
やはり、初めてのところはゆっくり探索したかったかもw
スポンサーサイト

◇この記事へのコメント

▼コメントを投稿する
(必須)
(必須)
URL:
Comment:
Pass: (必須)
  管理者にだけ表示を許可する 

◇トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。